建築用ガラスフィルム 「飛散防止フィルム/ 防犯フィルム/省エネフィルム」施工・販売 株式会社バンシステム

トップへ戻る


home >> 製品概要 >> よくわかるウィンドウフィルム
__

建物の各部門の中で、これらと自然と接触する重要な箇所の一つが窓ガラスなどの開口部 です。すずしい風や心地よい光を取り入れるものも窓ガラスであれば、台風などがもたらす飛来物によって破壊し、人体に影響を与えるものも窓ガラス、また室内にけだるい暑さをも たらす太陽光を取り込むのも窓ガラスです。 このように、窓ガラスはなくてはならない部門でありながら、そこは人間を不快にさせ、危険 を脅かす窓口にもなっています。そこで、これらの開口部に関する問題を解決する一つの 手段として、「ウィンドウフィルム」という製品が登場します。
       ソーラーガードフィルム
 
 

ソーラーガードフィルムは、紫外線カット層・ペット層共に2層。
スパッタリング加工(減圧下で各種金属をフィルム基盤に含蓄させる方法)による、高耐久性を誇るウィンドウフィルムです。

   
       開口部、熱の侵入・流出の様子
       フィルムを貼った場合の効果
 
 
赤外線の侵入を冷暖房の空調の負荷を低減、空調電力使用量の大幅な削減ができます。毎月のランニングコストに加え、年間の電力契約基本料金が大幅に下がる事により、投資回収期間が短くなることが大きなメリットです。
CO2削減にも大きく貢献。
 
わずか50ミクロンの薄さでありながら、地震などによる強い衝撃によるガラス破損の際、ガラス片の飛散・落下を防ぐため、万が一の災害時の二次災害から守ります。室内側の窓ガラスに施工するため、近年増加している泥棒の窓侵入対策にも有効です。
 
赤外線の侵入を大幅に遮蔽することで、眩しい太陽日射光が和らげられ柔らかい光となって室内に入ります。
パソコンのギラつきに効果。
 
有害紫外線をほぼ100%カットすることから、日射による褪色劣化(絨毯・カーテン・備品・書類等)を防ぎ、また人体に有害と言われているUV-A UV-Bの波長も遮蔽します。
 
昼間、室内からは外景が今以上にくっきりと見えますが、フィルム種類によっては、日中外から室内が見えにくくなることで、プライバシーを保つことができます。
 
建物で大きな部分を占める窓面に施工する事によって、建物の外観向上に大きく貢献します。
 
室内の電灯から発せられる微弱な紫外線を外に出さない為、紫外線に群がる昆虫類を大幅に軽減することができます。