建築用ガラスフィルム 「飛散防止フィルム/ 防犯フィルム/省エネフィルム」施工・販売 株式会社バンシステム

トップへ戻る


home >> ラインナップ >> アーマーコートセキュリティー
__
アーマーコートセキュリティーフィルムは、ベースフィルム厚200μmの8Mil Clearを中心に、爆弾テロによるガラスの飛散防止を念頭に開発され、米国国防省(ペンタゴン)や連邦捜査局(FBI)をはじめとする重要政府系機関を中心に採用されてきました。
そこから派生した製品としてベースフィルム350μm、フィルム総厚385μmとなる14Mil Clearがあり、警察庁の防犯性能基準を満たしている製品です。
   セキュリティーレベルに応じてのフィルムラインナップを取り揃えています
地震によるガラス飛散防止及び、人身ガラス衝突から発生する痛ましい怪我を防止する事を目的とする2ミルクリアーを始め、暴風によって巻き上げられた飛来物侵入を防止する4ミルクリアー、7ミルクリアー、テロ対策(防爆)を念頭に開発された8ミルクリアー、10ミルクリアー等、各セキュリティーレベルに対応する建築用ウィンドウフィルムを弊社は取り揃えています。 *各フィルムに関する御質問が御座いましたら遠慮なく弊社までお問合せを頂けます様、御願い致します。
 
   強力なガラス飛散防止効果を持ち合わせる「アーマーコートセーフティフィルムズ」
高層ビル、マンション、各種施設に使用される大型のガラス等のガラス飛散や、一般の御家庭に使用されているガラス等、更なる安全対策用途として用いられる100~250ミクロンセーフティーフィルムズ。 重量があるガラスの飛散や、外部からの飛来物に対して、強力な接着層・フィルム層を持ち合わせるアーマーコートが、室内に居られる方々の安全を守り続けております。
 


       製品ラインナップ
   
4Mil Clear
(4ミルクリアー 100ミクロンフィルム)
 
地震対策用フィルムとして利用される2ミルクリアーに比べ、2倍の厚みを持ち合わせる4ミルクリアー。 大型のガラスや、厚みがあるガラス等、更なる安全対策目的として使用されます。
 
   
   
7Mil Clear
(7ミルクリアー 175ミクロンフィルム)
 
強風によって巻き上げられ、室内に飛び込んでくるような大型飛来物や、風が非常にきつい高層マンションのガラス等に多く使用される7ミルクリアー。
比較的お求め安い防犯フィルムとして販売される傾向にありますが、官民合同会議規定(CPマーク品)に適合は致しません。
175ミクロンフィルムを購入される際は、じっくりと目的を検討する必要性があります。
 
   
   
8Mil Clear
(8ミルクリアー 200ミクロンフィルム)
 
テロ対策(防爆)目的等として開発されたセキュリティーフィルムとなります。200ミクロン厚のフィルムが、外部からの衝撃に対しての壁となり、室内に居られる人々の安全を守ります。
8ミルクリアーは、米国連邦通達局が指定するGSA防爆試験において「3A」の評価に適合し、高レベルの安全対策用フィルムとして用いられる傾向にあります。
 
   
   
10Mil Clear
(10ミルクリアー 250ミクロンフィルム)
 
ベースフィルム厚250ミクロンから成り立つ10ミルクリアー。アーマーコートの特徴は、基盤となるフィルム厚をしっかりと保持する強力な粘着層、フィルム劣化を防止する為の上質の紫外線吸収層、日常生活から発生する小傷を防止する為のハードコート層が全てにおいて標準に装備されており、施工直後の状態を長期間に渡って保持する事が可能であります。 世界的シェアを持つソーラーガード・アーマーコートは、多くの試験データ・規格を持ち合わせ、お客様に安心を御提供し続けています。