省エネフィルム・ウィンドウフィルムは省エネ法対策に最適!・建物用フィルムの販売施工

トップへ戻る

本物だけを真っ直ぐに

 

★省エネ・ウィンドウフィルム選びのポイントは?

 

◆ 確実な省エネルギー・省コストが実現出来るかどうか
◆ 施工時の機能が持続するか(耐久性)

   (フィルムの製法はそれぞれ異なります)

◆ 保証体制や施工体制が明確であるかどうか

   (トラブルや劣化した場合の、責任の所在がはっきりしていることが重要です)

 

 

投資回収が見込めないフィルムは省エネフィルムといえません

 

★飛散防止・セキュリティウィンドウフィルム選びのポイントは?

 

◆ 各種性能試験の、飛散防止性能試験基準を有するかどうか

 

改正された省エネ法とは??

 改正された省エネ法では、大規模な工場など事業所単位だけではなく、企業単位、つまり複数の事業所をもつ中小企業も、省エネ法の規制対象となります。年間1500KL以上のエネルギー(原油換算)を消費する企業が、 省エネ規制の対象になり、年間エネルギー使用量の報告や、省エネ設備の更新など、中長期計画の作成が義務付けられます。
 省エネ法の対策だけではなく地球の環境などを考えた場合にも、このウィンドウフィルムはエネルギーの削減に、まさにうってつけなのです。